美容解体新書│巷で話題のベイザーで理想の姿になれる

ウェスト

注射で解消

年齢肌の悩みは美容皮膚科やメディカルエステに行けば解決できます。ヒアルロン酸によるほうれい線の改善、ボトックスによるシワ消しなどが有名です。注射だけではなく、点滴、レーザー、ピーリングなど様々な施術が体験できます。

Read More

岡田佳子医院での治療

岡田佳子医院においては院長が女性であり、女性の観点やこだわりから美容皮膚科の第一人者として治療に邁進してきた経験が評価されており、皮膚科治療とは一線を引いた美容目的の治療を幅広い年代の男女に提供しています。

Read More

運動以外で痩せられる

ベイザー脂肪吸引が出来るクリニックはこちらです。痩せてキレイになりたいと思っている方は御覧ください。

湘南美容外科で脱毛をスタートさせませんか。レーザー脱毛だからスピーディーにムダ毛を処理することができますよ。

ベイザーの登場の歴史

脂肪吸引が本格的に行われるようになったのは1980年代に入ってからであり、登場したばかりの頃は脂肪を吸引する事だけを考えていたために、周辺組織を傷つけるなどの問題もありました。そうした問題も止血剤混ぜた液体を用いたりする事によって改善されていたのですが、より良い方法として超音波を用いて予め脂肪を分解してから吸引する方法が1990年代になると登場するようになりました。 ただ、超音波を用いた方法も初期の頃は超音波を当てる事によって火傷するトラブルがあり問題がありました。それを改良して登場したのがベイザー脂肪吸引です。第3世代の超音波脂肪吸引と呼ばれており、ベイザー波と呼ばれる超音波を用いる事で火傷の問題を解消し、出血を抑えて高い効率で脂肪吸引を行える画期的な方法としてすぐに普及していきました。

どんなメリットがあるのか

ベイザーが登場する前の脂肪吸引は、出血を抑える工夫などはされていたものの、キレイに脂肪だけを吸引する事が非常に難しく、周辺の組織を傷つける可能性があり、かなり身体への負担が大きい手術でした。 しかし、ベイザー脂肪吸引が登場する事によって、脂肪吸引の効率が大きく向上しました。ベイザー波と呼ばれる特定の周波数の超音波を用いる事で、周辺組織を傷つけずに脂肪細胞のみを取り除きやすくする事に成功したのです。組織を傷つけない事によって出血を抑えたり、合併症を抑える事が出来るようになり、脂肪の除去率もかなり高くなりました。それだけではなく、皮膚の収縮率も改善され、ダウンタイムが従来よりも短くて済むようにもなったのです。

根気よく続ける

あざは、顔や目立つ部位にできるとコンプレックスの原因となってしまいます。あざを治療するためには、現在レーザー治療が主流です。あざの種類や症状によって治療期間は変わりますが、根気よく続けていくことが重要です。

Read More