美容解体新書│巷で話題のベイザーで理想の姿になれる

ウェスト

根気よく続ける

コンプレックスなあざ

生まれつき、あざがある人は意外と多いのではないでしょうか。色は黒・赤・茶・赤など。発生する場所も様々です。多くは先天性のものですが、中には成長の過程で出てくるものもあります。中でも顔のあざは、多くの人にとってコンプレックスです。あざが原因でいじめられたり、対人関係がうまくいかなかったり、様々な支障が出ます。 治療法としてはかつて、ほかの部位の皮膚を移植する皮膚移植や、該当部位を切除する切除縫合術が主流でした。しかし、最近はレーザー治療が主流となっています。身体にメスを入ないので、身体への負担が少なく、安定した結果がが得られる点が特長です。あざ治療は、皮膚科や美容クリニック等で受けることができます。

レーザー治療できれいな肌を

あざの色や種類によって、治療にかかる時間や価格は変動します。 青あざは蒙古斑などに代表されるあざです。真皮内のメラノサイトが原因で、真皮内のメラノサイトをレーザーで破壊することにより、ほぼ確実に除去することができます。 赤あざは、血管腫とも呼ばれます。複数の種類がありますが、治療可能なのは単純性血管腫・苺状血管腫などです。原因は、未熟な毛細血管の増殖といわれています。治療では、レーザーで該当部位の血管を壊していきます。赤あざは、完全に治療することが難しいですが、数を重ねるうちに確実に小さく・薄くしていくことができます。 あざの種類は様々です。種類によって治療を受ける回数・期間は異なりますが、根気よく続けていけば、確実にきれいな肌を手に入れることができます。